私たちの宣言

「もっともっと、学び続けるドンクに変わります」夢や目標を実現するために、私たちはもっともっと学びます。昨日より今日、今日よりも明日。変わる主役は私です。私自身が主役になって、もっともっと、学び続けるドンクに変わります。

ご挨拶


日本で、世界で、お客さまに選ばれるベーカリーを目指して。

私たちドンクグループが目指しているのは、 "少し足を延ばして買いたくなるパン" 。あのお店のパンが食べたいと、いつもわざわざ買いたくなる品質であり、お客さまに選ばれる存在でありたいと考えています。

その基盤となるのは、職人が粉から生地を仕込み、焼き上げるまでの全工程を一貫して行う「スクラッチ製法」です。新鮮でおいしいパンをいつでも提供するため、ドンクグループが創業以来こだわっている製法ですが、優れた技術を必要とするこのスタイルを徹底するため、毎年、海外より講師を招いたり、海外研修へ積極的に参加させるなど、確かな腕と高い向上心をもった技術者の育成に、惜しみない力を注いでいます。

また、時代の多様化に対応すべく、個性豊かな様々なブランドを確立し、いまそこで求められている、マーケットに合わせた業態の展開を行っています。さらには、同じブランドであっても、そのエリアやお客さまの層に合わせて商品を構成、店舗ごとでお客さまのニーズに応えられる、きめ細かな品揃えを心がけています。

これらの考え方は、海外出店においても何ら変わることはありません。スクラッチ製法にこだわり、人を育てながら、品質を管理。ドンクグループのパン文化を世界の国々へ、一歩一歩丁寧に広げていきたいと思っています。

加えて、パンを提供するだけでなく、ベーカリーカフェのように、そのパンの「一番おいしい状態」を食べていただく機会の創出や「よりおいしく食べる方法」を気軽に体験する場の提供など、あらゆる角度から、豊かなパン生活を盛り上げ、根づかせていく方法を追求してまいります。

これからも、みなさまの日常に、パンから生まれる上質な食シーンをお届けし、いつの日か、「パンのことは、ドンクに聞けば安心」だと言っていただけるような、信頼のリテイルベーカリーNO.1を目指して。ドンクグループのさらなる進化にどうぞご期待ください。

代表取締役社長 中土忠

代表取締役 社長執行役員

中土忠