先輩社員インタビュー

製 造
1から技術を学ぶことのできる環境が、ドンクにはあります。
田所 耀平
2014年入社(新卒)

ドンクに応募した理由は?

昔から、家族がドンクのパンが好きだったため、食べる機会が多かったです。自分でもよく利用するようになり、他のパン屋さんよりも親しみを感じていました。また、どのパンもおいしくて、見た目も美しく、きっとパンづくりに真剣に打ち込める環境なんだろうという印象を抱いていたことも、この会社への応募につながりました。

入社してからどのような部署を経験しましたか

内定をもらった後、大学4年の時に入社前アルバイトとして数ヶ月八王子店にて勤務していました。入社後の配属で吉祥寺店に決まり、約1年間働いた後、現在新百合ヶ丘店で働いています。

現在の仕事内容を教えてください

現在の店舗では、主に仕込みを担当しています。温度や湿度の変化が激しく、仕込む上では非常に難しい環境ではありますが、その中で少しでも良い生地を作れるように工夫しています。仕込みの段階で生地の状態はある程度決まってしまうので、焼き上がった商品がキレイに仕上がっていると、嬉しさと同時に安心します。

いまの仕事のやりがいは?

いまは、生地をベストな状態で仕上げることが出来たときに、何よりの喜びを感じます。パンは、気温や湿度などに左右される繊細さを持っており、その日その日で、生地の状態や成形具合に若干の違いが生じます。それは、焼き上がりにも影響してしまいます。そのため、いかにしていつも同じ状態に近づけるかという技術が必要とされます。成形や焼き方によっても出来上がりは変わりますが、仕込みの段階で出来上がった生地がその後の行程に影響するので、難しさと同時にやりがいを感じます。

これからの目標は?

生地の状態をうまく調整し、いつでも良い生地が仕込めるようになりたいです。それを達成した上で、作業のスピードを上げていきたいと思っています。効率良く作業できる手順を模索したり、日々の温度や水温をチェックしながら仕込み方を微調整するなど、能力の向上に努めています。(笑)

新卒入社の先輩として、特に学生のみなさんに伝えたい事はありますか?

就職活動もそうですが、入社してからも、あまり気張り過ぎず、心にゆとりを持って取り組む方が、うまくいくと思います。「日本代表になる」とか「自分の店を持つ」とか、大きな目標を掲げて頑張ることも大事ですが、いまの自分の実力をきちんと把揮し、少しでも伸ばしていけるように、コツコツ努力を重ねることの方が、まずは大切なのではないでしょうか。大きな目標は、その先に自然と見えてくるものだと思っています。

これから入社されるすべての方に向けてのメッセージをお願いします。

私は特にパン作りの経験をすることなく、この業界に入りました。そんな私が今、仕事ができているのは、1から技術を学ぶことのできる環境にあると思います。職場の先輩方が、根気よく何度も教えてくださったおかげだと思っています。なので、未経験でも興味があれば是非チャレンジしてほしいです。

田所耀平さんのキャリア
入社前 4年制大学在籍時に内定後、入社前アルバイトとして数ヶ月ドンク八王子店に勤務。
入社1年目 吉祥寺店に配属
入社2年目 新百合ヶ丘店に異動(現職)

※2015年11月時点のインタビュー内容

私たちと一緒に働きませんか?
ドンクではパンへの愛情をもって
夢に向かってチャレンジする人をお待ちしています。
新卒採用募集要項を見る
キャリア採用募集要項を見る
他のインタビューを見る
採用トップページに戻る